床矯正

床矯正とは

一般的に矯正は抜歯することが少なくありません。この床矯正は抜歯をすることなく、プラスチックの装置で歯並びを矯正します。ただ、装置で歯並びをひろげる事が治療の目的ではありません。

歯が重なっている歯並び(叢生:そうせい)を発症させた原因の多くは機能にあります。歯を装置でひろげてきれいに並べても、正しい機能がなければ歯は元の歯並びに戻ろうとします。見た目にも機能的にも自然で安定した歯並びになることが治療の目的です。それには、装置を使った治療だけに頼るのではなく、自分の力で自分の機能を回復させる「食事」や「生活習慣」が大切です。

床矯正は「歯科医院に通っていれば治る」わけではありません。
私達は治療の主役は患者様自身だと考えています。ご家族や私達のサポートで、子ども達が自分自身の機能で正しく成長することを我々は願っています。