歯周病治療

歯周病治療について

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた 歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわ壊していきます。

歯を失う最大の原因は?

歯周病の進行

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。しかし35歳になってから突然歯周病になる訳ではなりません。

実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて歯肉をじわじわとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状が出る30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

虫歯と違ってほとんど痛みが無いため、気がついた時には抜くはめに・・などということもありえる、こわい病気なのです。50歳代で“自分の歯がほとんど無い”ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。